意思を目指す|医学部に合格するための予備校選びのコツを紹介

学生

目的は受かること

はじめから医学部合格を勝ち取ることは難しいこととされています。どんどんと難問を解くことに目を向けていると、基礎的な部分がおろそかになって、成績が伸び悩むことがあります。これらを解決する方法は、苦手な部分を見つけ、解決可能な個別指導を選択することです。

ウーマン

名古屋大の付属学校とは

名大附は国公立大で唯一併設されている中高一貫校で、学費が安い附属先の名古屋大教育学部に進学しやすい点で人気です。また、他の難関大への合格実績も豊富で、国内外からも高度な教育機関として認定されていることも、名大附の魅力の一つと言えます。

作文用紙

読ませる文章の書きかた

小論文に悩む人は多い。しかし人と違った視点で書き出していく事により、採点する側の目に留まり、何百人という競争相手に差をつけることが出来る。人と違った視点を持つために、想像力を駆使することが大切である。

切磋琢磨できる場所

勉強

同じ目標に向かって

一般的に、医学部を目指している学生は、学力が高く、よほどの進学校でない限り、学校でもトップクラスの成績を修めていることが多いものです。そのため、各学校では、勉強のできる人で医学部に入学することは当たり前、という扱いを受けることも多く、自然と余分なプレッシャーを受けることがあります。しかし、いくら学校内で認められても、実際には、医学部を目指す人の中での競争となるため、何ら安心できる状況ではなく、実際、競争は厳しくなっています。こういった時には、ライバルでありながらも、同じ目標を目指している仲間とともに勉強に取り組むことで、集中力を高めていくことができます。特に、医学部に特化した予備校では、医学部受験を乗り切ることができるようなカリキュラムを組んだ授業を行っており、着実に実力をつけていくことができます。予備校では、各大学のこれまでの入試問題の分析を行っており、どういった力をつけておく必要があるかを明確にしています。そのため、予備校の授業を受けることで、自然と医学部の受験に対応できるようになっているのです。現役生の場合は、春期講習、夏期講習を中心に、学校の授業終了後に通える時間帯を利用することができます。また、浪人生向けとしては、寮を完備している予備校も存在しており、授業はもちろんのこと、食事面でのサポートを含めた支援をしています。すべてが予備校受験を突破するための仕様となっており、全力で入試に臨むことができます。